「家族葬」の体験談について

2018年の3月に祖父が亡くなりました。祖父は昔ながらの頑固者です。大阪の枚方にお住まいの方は納得料金で家族葬直葬のフローラルホールで人の話は耳に入れないほどの性格の持ち主でした。そんな祖父が癌の影響で余命2ヶ月の宣告を受けた時には、家族全員で泣き続けたことを覚えています。大阪での終活、直葬・家族葬で人生のしめくくりを考えてそれからというもの、祖父は、まるで人が変わったかのように優しくなり、自分の死後について話すことが多くなっていました。今思うと、自分が死ぬのは悲しいことだが家族の悲しんだ顔をみる方がよっぽどつらかったのでしょう。祖父は頑固者ですが、家族への愛は人1倍強い人です。大阪での家族葬・直葬なら明瞭会計施設を集めた会館専門HPがそんな祖父からの提案で、葬式は「家族葬」にしてほしいいと話をされました。自分との最後の時間を家族だけで過ごしてほしいという考えがあったようです。大阪府で直葬をするなら家族葬専門会館ランキングが他の人や知人には死後1週間後にハガキで死亡通知書を届けていました。そんなところからも祖父の家族愛が伝わってくるような感じがします。
「家族葬」については、30万円ほどの家族葬パックを使いました。大阪で家族葬・直葬を行っている葬儀社ランキングなら内容は・告別式なし・僧侶なし・戒名なしもパックです。無駄を減らすタイプの祖父らしい感じだと思いました。実際に家族葬を体験し、最後の時間を家族だけで過ごせたことが一番の思い出です。団体での葬式になるとどうしても親戚や知人のことを気にしてしまい、葬式に集中できません。大阪府・大阪湾の散骨業者ランキングなら家族葬ではそんなことには気にすることなく、祖父との最後の時間を充実して過ごすことができました。