納得料金で豪華な家族葬フローラルホール枚方会館はお葬式に行ったら、シャレにならない汗をかきました。

まず、喪服として紳士服店の半額セールに行ったときの思い込みから始まったことです。家族葬の分野に大阪で参入した魅力はスーツを着ない仕事なので、こういうときに確保しておこうと思って半額セールを利用しようというくらいですから、当然、通年で使えるスーツを買って安く済まそうとしたのですが、店員は、春夏用、秋冬用のどちらも持っていたほうがいいです、という言葉。
大阪の家族葬を専門施設で比較し選ぶとそのときは、カネを使わせようとしていると思ったのですが、実際真夏の一番暑い時間帯に、冬用のスーツで行ってみるとこれがシャレになりません。室内の時間はまだいいのですが、ちょっと外に出ると本当に汗が止まらなくなります。それでも我慢していたら汗が出なくなってきて、それはそれで怖いものがあり、急いで水分を取りました。
日本でも、最近の夏は日本とは思えない気候になっているので、サマースーツを確保しておかないと、悲しいとか故人を悼むとか考えている余裕がなくなってしまうのだと思わされました。