義父のお葬式に参列したのは数年前でしたが、その時まで、城東での故人を偲ぶ葬儀なら段から付き合いのある、近い身内の葬式に参列するということはありませんでした。

家族葬の分野に大阪で参入した魅力は、葬儀場へ出向いて参列、香典を渡し、焼香をあげる、ということをするくらいでしたが、葬儀のプランをどうするか、などの話から関係したのは、その時か初めてだったと思います。

大阪での家族葬を明瞭会計施設で集めたHPが義父が倒れたという連絡があり、夜に病院へ駆けつけ、そのあとは意識が戻ることなく、数日で帰らぬ人ととなりました。

普段から「ぴんぴんコロリがいい」と言っていたのですが、状況を聞きますと、良くも悪くも、その通りだったようです。

家族葬を大阪で薦めるならば葬儀屋さんは、義父が住んでいた町にある葬儀屋さんで、町内会を通して依頼をすると割引が効くというので、喪主である義母とも話をして、そこにお願いすることにしました。

義父とはよく一緒にお酒を飲んだりしていたこともあり、通夜が終わった日から、翌日の葬儀まで、お守りと言うことで、葬儀場に泊まりました。

直葬を大阪で行ってくれる葬儀社が初めての経験だったので分からないのですが、葬儀場というのはどこでもそうなのでしょうか、ちょっとしたホテルのような設備が揃っていて驚きました。

冷蔵庫、お風呂、もちろんトイレもですが、完備されていて、生活ができる感じだなと思いました。

通夜、葬儀、火葬、滞りなく終わり、散骨を少ない人数で大阪でするとその日のうちに初七日の法要まで行いました。

葬儀の日以降、これまでよりメールやラインのやりとりを頻繁にするようになりました。